殿姫殿5人家族

殿姫殿5人家族

3児のママのドイツ生活あれこれ日記

海外生活

【海外生活】謝らないドイツ人を実感する出来事3つ

外国に住むと感じる文化の違い。 在独約15年。 最近、よく感じるドイツ人の気質。それは『絶対謝らない』ということ。 ジャングルジムで… 公園で遊んでいたある日のこと。 公園のジャングルジムで遊んでいる10歳~12歳くらいの女の子がいました。ジャングル…

【バイリンガル育児】シュタイナー教育流ひらがなの教え方を実体験

とある週末に、シュタイナー教育歴17年、そして日本語のシュタイナー教育教材も発行している先生によるシュタイナー教育的国語教育という講座に参加してきました。 シュタイナー教育の理念や方法論は⬇︎。 簡潔で分かりやすく説明されているのでご参照。 kodo…

ETIAS導入に伴い必ず出てくるシェンゲン協定や協定加盟国って何?

2021年に導入予定のETIAS。 ETIASについての情報を調べていると必ず、シェンゲン協定やシェンゲン協定加盟国・シェンゲン圏内、シェンゲンビザ等、『シェンゲン』という言葉が飛び交います。そこで今回は、シェンゲン協定に関する情報を簡単にまとめてみまし…

【バイリンガル育児】日本語補習校1年生。3つのハードルと通学維持する為の心がけ

土曜日に週一回、日本語補習校に通っている長男君。 通い始めて1年が経ち、4月からは晴れて2年生になります。1年よく頑張った! ドイツの学校には半年早く入学したので、8月からもう3年生。時が経つのは早いですね。 日本語補習校での1年間を振り返り、通わ…

ドイツのカーニバル。2019年はセサミストリートで手作り衣装♪

いよいよカーニバルが来週に迫ってきました。 実は聖マルティンの日でもある11月11日が、カーニバルの開始日。そして、約2〜3ヶ月後のカーニバルのハイライトである第1日目はWeiberfastnacht/Altweiber(女性のカーニバル)と呼ばれ、女性無礼講の日とも言われ…

ドイツのカーニバル。定番お菓子「ベルリーナー」の発祥説3つと呼び名5つ。

クリスマスが過ぎてホッとしているのも束の間、ドイツでの次の大行事はカーニバル。2019年は2月28日がWeiberfastnacht(Altweiber)で、この日から6日間、カーニバルのお祭りが行われます。 ドイツでも季節ごとに様々な行事があり、地域によってはカーニバルは…

ドイツでふわふわ食パンを追い求めて② スペルト小麦粉配合で翌日もふんわり美味しい食パン♪

ドイツはジャガイモ文化。と同時に、やっぱりパン文化でもあります。 なので、旦那さんは職場に毎日サンドイッチを持っていきます。サンドイッチと言ってもキュウリとハムやチーズを挟むだけのシンプルサンドイッチ(笑) 。そして、小学校も朝ごはん?間食?(…

ドイツでふわふわ食パンを追い求めて① 色んなレシピを試しています。

パナソニックのホームベーカリーをもらって以来、ふわふわ食パンを目指してパン作りに夢中です。そして、ブログを書く時間もないというオチです… まだまだ発展途上、でも家族みんな「美味しい~♡」と言ってくれるパンは作れるようになってきました。そこで今…

ついに我が家にもやって来た!ドイツ人もお墨付きPanasonicのホームベーカリー♪

かれこれ5年以上は欲しいな~と思いながら、なかなか購入できないでいたパナソニックのホームベーカリー。遂に我が家にもやって来ました♪ 初めて出会ったのはお友達のお家でふわふわ食パンが登場した5年以上も前のこと。 その食パンを焼いたのがこのパナソニ…

ドイツ旅行のお土産にも♪豚やてんとう虫などドイツの幸運シンボル7つ+α

年末年始になるとスーパーなどで見かける豚やてんとう虫の形をしたチョコレートやマジパン。 幸運を呼ぶシンボルとされている事は知っていたけど、由来は?と思って調べてみると、豚やてんとう虫以外にもラッキーアイテムとされているものが出てきました。と…

Fritz’s Frau Franzi:ミシュラン1つ星レストランでの忘年会ランチは最高でした♪

11月から3年8ヶ月ぶりに職場復帰し、新しい生活リズムにも慣れてきたところで、クリスマス休暇にお正月休暇。2018年の仕事納めは12月28日でした。 そして上司が提案してくれて開催された忘年会ランチ。「フレンチ風で、ドイツでは珍しく量が少なくて日本人に…

少子化対策?日本では幼児教育の無償化が決定。ドイツでも進めているけど、まだまだです。

最近、隣町が保育料を2019年には無料にする、というニュースをラジオで耳にしました。そしてついに日本でも、2019年10月から無償化の具体策が決定したのだとか。 友達の住んでいる町は無料だとか、他の隣町も3歳以降は無料だとか聞くけれど、ドイツ全体では…

ドイツでも日本でも流行りの子供服!手でなぞると柄が変わるリバーシブルスパンコール付きTシャツ

長男君の服は、日本帰国の時に甥っ子のお古を大量に貰って持って帰ってくる我が家。今までほとんど服を買うことなく、本当に大助かりです。流石に男の子のパンツは、穴あきが酷くて買い足したりもしていますが… 残念ながら、女の子用のお古はなく、娘ちゃん…

ドイツで課される冬の雪かき義務。知っておくべき5つの事。

12月16日。初雪が降りました。 朝目覚めて窓の外を見るなり大はしゃぎする子供達。なになに?と思っていると、「雪が積もってる~。」とのこと。速攻、「雪かきをしなければ…」という思いが頭の中を巡り、「嘘でしょ~。やめてくれ~。」と旦那さんと2人で思…

ドイツのあるある?シラミ発生事件。シラミの特徴やシラミ駆除の対処法

11月に入って、我が家にも遂にシラミ事件発生。 ドイツでは幼稚園や学校でシラミ発生の警告がよく発せられます。シラミ発生の警告を見るたびに、どうか我が家には発生しません様にと願いながら過ごしていたものの、遂に我が家にもシラミが発生してしまいまし…

アドベントクランツ。ロウソクの意味は?2018年はミニマリストに♪

ドイツではお馴染み、アドベントクランツ(Adventskranz、アドベントキャンドル)。 毎年手作りしています。 2018年はシンプルに、ひいらぎやもみの木は使わずに作ってみました。 準備した物 木の切り株 (Rossmann:ドイツのドラッグストアにて) ロウソク (Ross…

【海外生活】ドイツでの『老後』について考える前に、今を楽しみたい。

在独13年。40歳。 ドイツで暮らすようになって以来、いつも頭の中にあるのは『老後の生活』。 時折ネガティブ思考に陥ることのある私は、ドイツでの老後を考えると暗~い気持ちに陥ってしまいます。ドイツ語、ドイツ飯で老後は過ごせない…かといって、日本に…

聖マルティン祭とは?ザンクト・マルティン(St. Martin)について子供向けの簡単説明♪

ドイツでは10月31日のハロウィンが終わると、11月11日に聖マルティン祭が行われます。 10月頃から幼稚園や小学校で提灯を作り始め、みんなで歌の練習をします。そして、マルティン祭の日が近づいてくると、子供達が同じ歌をいつも口ずさむ様になり、冬の到来…

ドイツのお誕生日会。寒い冬にはケーゲルがおススメです。

毎年、秋休み中にお誕生日を迎える長男君。 暖かい時期なら、お庭でプールパーティとか宝探しとかしながらお誕生日会ができるのですが、お天気も怪しいそして徐々に寒くなる10月くらいからのお誕生日会は何をしようか毎年頭を悩ませます。 そして、今年は楽…

【3歳3ヶ月】ドイツの幼稚園。3歳児の慣らし保育はこんな感じでした。

9月から新しい保育園に通うことになった娘ちゃん。慣らし保育も終了し、今は楽しく幼稚園に通ってくれるようになりました。 ドイツの保育園はとにかく時間をかけて慣らし保育をします。ベルリーナー方式といって、まずはママと一緒に30分~1時間の滞在から始…

ブナの実(Bucheckern)って生で食べられるの?実は毒性があり危険です!

自宅の横が散歩道の我が家。 散歩道には夏になるとブラックベリーが実を出していたり、秋になるとヘーゼルナッツが落ちていたりします。そして、今道を覆っていて自転車で走ると転げてしまいそうなくらい落ちているのがブナの実(Bucheckern)。 その散歩道で…

ドイツの栗。食べられない栗と食べられる栗の見分け方はこれ!

先日、真夏日が続いていて半袖を着ています。という記事(10月に今年最後のBBQ?混ぜるだけの簡単手作りザジキ(Zaziki)で楽しみました。 - 殿姫殿5人家族)を書いたんですが、その一方で道端にはヘーゼルナッツ、どんぐりなどが沢山落ちていてたり、散歩道の木…

混ぜるだけの簡単手作りザジキ(Zaziki)。BBQの副菜に是非♪

ここ数日ドイツは真夏日が続いています。 週末もとても暑くて半袖を引っ張り出してきました。10月に入ってから、流石に半袖はいらないだろうと思って衣替えをしたのに… 日向にいると太陽の光が眩しすぎて、日陰に入りたい!と思うくらい、日曜日は太陽が燦々…

フランス原産「レーヌ・クロード」でなんちゃって梅酒作り♪

ドイツではPflaume(プラム)やZwetschgen(西洋すもも)の季節になりました。 そして先日、いつもの様にマルクトに行くと、緑色の梅のようなものを発見。「これなら梅酒ができるかも!」と思って、早速購入してみました。八百屋さんのおばさんに名前を聞いたら…

ドイツの食事事情。朝も夜も「カルテス エッセン」?

4月から日本では小学生の長男君。 毎週土曜日は14時~17時25分(スパルタでちょっと可哀想…)までの日本語補習校に通うようになりました。 週末はお店やスーパーが土曜日しか開いておらず、日曜日は休息の日とばかりに静まり返るドイツ。そんな貴重な土曜日の…

【海外生活】外国人だからバカにされているのかなぁ、と痛感させられた出来事3つ

在独約13年。長い様で短い様で… どれだけ長くドイツに滞在しても、『外国人』としてドイツで一生(離婚や死別しなければ 笑)生活していく事の事実は変わりません。外国生活が長い人の中には、日本の国籍を捨てて、滞在先の国の国籍を取得する方もいます。日本…

【海外生活】ドイツでいちご狩り🍓いちごの季節がやってきました!

今年もいちごの季節がやってきました! 毎年いちごの季節になると、街中のいたるところにいちごスタンドが立ち並びます。 そして、いちご畑ではいちご狩りができたり、イチゴ祭りが開催されたりします。 先週からとても暑くなったドイツ(30度越え)。朝は冷え…

【バイリンガル育児】日本語と他言語が入り混じる問題の3つの対応策

なかなか一筋縄ではいかないバイリンガル育児。 長男君を見ていると、年齢が増すにつれて日本語での会話が難しくなってきているのを実感します。それもそのはず、第2言語となる日本語では、幼稚園や学校で初めて体験した事を話せるほどの語彙力がないんです…

【バイリンガル育児】国際結婚でも難しいバイリンガル育児 !『1人1言語の原則』の大切さ

日本でもハーフっ子のメディアでの露出が、最近凄いですね。若い子なんてハーフだらけじゃない?っていうくらいに。日本に帰国する度にハーフっ子が増えていてビックリしています。 ところで、国際結婚なら誰でも子供をバイリンガルに育てられると思っていま…

【行事】ドイツの「父の日」 は男同士で飲んで大騒ぎ!

「母親と父親に感謝する」為に設けられたのが、母の日と父の日。 日本では子供達がお父さんやお母さんにプレゼントをしたり、お花を贈ったりしますよね。ドイツでも母の日には日本と同じ様にお花を贈ったりします。 でも、ドイツの父の日は、日本の父の日と…