殿姫殿5人家族

殿姫殿5人家族

3児のママの海外生活あれこれ日記

2歳差育児は大変?

子供が2人以上欲しい人の1番人気な年齢差は2歳の様ですね。

私は長男君と娘ちゃんが3歳8ヶ月差、娘ちゃんと次男君が2歳2ヶ月差で出産しています。

 

昔から子供は2人欲しいなーと思っていたので、長男君を出産後なかなか2人目をという気になれませんでした。

 

というのも、1人の育児でてんてこまいで、長男君が1歳の時に2人目をって思える余裕がなかったんです。

 

年子、2歳差で出産されている方をただただ凄いなぁ〜と思っていました。いや、もう大変過ぎて世の中のお母さん方を本当に尊敬すると思っていました。今もその気持ちは変わりませんが。

 

3人持った今振り返ると、記憶とは本当に薄れていくもので、なんでそんなに必死だったのか?なんて思ったりするんですが…

 

3人育児は1人育児に比べると人数増える分そりゃぁ大変です。


が、心の余裕が違うというか、1人目はなんだか何に対しても必死になって完璧主義への道を走っていた気がします。

 

その結果、長男君と娘ちゃんの年齢差は3歳8ヶ月と結構開いてしまいました。

 

2人目を出産後、なぜか母に「3人産む気がする。」 なんて言われ、子供は2人で良いと思っていた私たち夫婦は、なぜかその母の言葉に踊らされ、真剣に3人目を考えるようになったんです。

 

妊活始めても授かり物なのでいつできるかも分からないし、私の年齢のことも考えると早い方が良いなと思い、娘ちゃんの断乳をして私の体調が良くなってから妊活を始めたら、幸いあっという間に授かり2歳2ヶ月差での次男君誕生となりました。

 

前置きが長くなったんですが、正直、2歳差育児は大変です…
娘ちゃんが女の子だからなのか、長男君が比較的楽な方だったのか(当時は相当大変と思っていたんですが)、2歳の娘ちゃんは何かにつけキーキーワーワー泣き叫んでいます。

 

これが「赤ちゃん返り」なのか「魔の2歳児」特有のイヤイヤなのか、何が何だか分からないんですが、気に入らなければキー、すぐに反応しなければキー、とにかくいつも喚いているんです。

 

時にはシクシクと泣いてみたりします。

 

まさしく女優です。

 

赤ちゃんができると下の子より上の子を優先しろ、って言われているので出来る限り娘ちゃんを優先するようには心がけてはいるものの、やっぱり難しいです。

 

次男君が大泣きしていたら、「抱っこ!」とせがまれてもやっぱり抱っこしてあげられない事も多いです。

 

お昼寝だって次男君と一緒には難しいし、娘ちゃん自身がしたくないって言うものの本当はまだ必要なのにさせてあげられないのが現状です。

 

で、夕方になると眠たくてキーキーワーワーが倍増です。

 

最近はテレビに頼って、見ながら眠っちゃう作戦か、買い物がてら車でドライブで寝かせる作戦です。

 

まだまだ抱っこして欲しい年齢だとは分かっていてもしてあげられない。

もっと一緒に遊んで欲しいだろうに全然遊んであげられない。

 

キーキー言うのも頭では分かるんだけどやっぱりイライラしちゃうんですよね。

 

次男君の背中スイッチがなく、1人で寝てくれる子ならもっと時間を割いてあげられるのになと思うんですが、なんせ折角寝たのに下ろすと泣くので、次男君をずっと抱っこで娘ちゃんは1人でおままごとしてるか長男君と遊んでいるかで、時々健気に生きてくれてるな、と感謝したくもなっちゃう程です。

 

最近はイライラする自分が嫌で、キーキーワーワー喚かれた時はあえて何も言わず無心で対応するよう心がけています。

 

そう、無心で抱きしめるんです。

 

そしたら、少しはイヤイヤが早く治ってくれる気がします。

 

色々大変なんですが、以下の事だけは心がけています。

 

娘ちゃんが次男君に彼女なりにお姉ちゃんしてくれた時には、大袈裟なほど褒めて、次男君にも「お姉ちゃんが優しくて良かったね」「嬉しいね」云々声かけしています。

 

そして、次男君を抱っこしたいと言えば、出来るだけ抱っこさせるようにしています。(もちろん私の補助ありです。)

 

それが功を成しているのか、幸い次男君を叩いたり、邪魔扱いする等の行動は見られません。

 

自分が抱っこして欲しい時に次男君が泣き出しても、暫くの間抱っこしていると満足して自ら下りて、次男君の事抱っこして、もしくはオッパイあげてって言ってくれる優しさを持ってくれています。

 

片方のお膝に娘ちゃん、もう片方のお膝に次男君抱っこってパターンもありますけどね。

 

イヤイヤ期真っ只中の2歳児と乳飲み子の2歳差育児は大変ですが、もう少しすると2人で遊んでくれる日が来て少しは楽になる、と自分を励まし今日も子育て頑張りましょう。

 

今日もストレスレスな1日になります様に☆