殿姫殿5人家族

ドイツで殿姫殿5人家族

ドイツで子育て・親育て

2021年導入(予定)。ヨーロッパ旅行にも必要になる渡航前情報認証ETIAS!

今までは何も考えずに渡航できていたドイツやフランス。

 

2021年よりETIASが導入(予定)されることにより、航空券を購入⇒パスポート手配⇒飛行機に乗って渡航、という風に簡単には渡欧できなくなりす。そこで、今後もっと話題になってくるだろうETIASの概要についてまとめてみます。

 

ETIASって何?

ETIASとは『European Travel Information and Authorization System』の略。

日本語では、『欧州渡航情報認証』となります。

 

シェンゲン圏内に渡航予定のビザ免除渡航者に対して、インターネット上で事前に審査をするというシステムです。(シェンゲン協定に関する情報は⬇︎ご参照。)

yukimaus.hatenablog.com

 

ビザが免除されていても、「渡欧する場合は渡欧前に必要情報を入力して、入国許可を申請し、承認をして下さい。」というシステムです。

 

すでに、アメリカ:ESTA オーストラリア:ETAS カナダ:eTAとして導入されています。

 

煩雑なビザ申請は必要ではないですが、出国前には必ずオンラインでの渡航認証システムからの渡航許可が必要となります!

 

ETIASの導入目的って?

近年ヨーロッパでも多発するテロ。

さらに難民や移民問題も深刻化するヨーロッパでは、事前に渡航者の情報を共有して、テロリストや悪者の入国を未然に防ぎ、シェンゲン圏内のセキュリティチェックを強化することが目的です。

 

また、煩雑なビザ申請・国境管理の改善・イレギュラーな入国審査の防止などのメリットを挙げています。

 

ETIASが必要な国は?

シェンゲン協定加盟国の26カ国。

 

アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

 

ちなみに、アイスランド、スイス、ノルェー、リヒテンシュタインは、非EU加盟国です。

 

ETIASでの承認が必要になるのは誰?

日本の様にEU域外のビザ免除協定が結ばれている国(現在61カ国)の国籍を有する人。

2021年の導入予定までに、対象国は増える予定です。

 

なお、成人だけではなく、飛行機の席予約が必要のない乳幼児も子供も必要となります。

 

  • EU市民(EU加盟国の国籍所有者):指令2004/38/EG(EU市民とその家族の加盟国の領域内で自由に移動および滞在する権利に関する指令)に基づいて発行された有効パスポート又は身分証明書の所持
  • 第三国国籍者(EU加盟国以外の国籍所有者):規則1030/2002(第三国国籍者に交付される滞在許可証の統一様式の採用に関する規則)に基づいて発行された滞在許可証を所持

 

する人は、必要がないとされています。

 

また、中国やインド、アフガニスタンなどの渡航にビザが必要とされている国の国籍を有する人は、シェンゲンビザが必要となります。シェンゲンビザ所有者は、ETIAS申請は必要がありません。

 

ETIAS申請を忘れたら?

飛行機に乗れません!!!

 

当日に空港でのチェックイン時にETIAS登録をしていないことが発覚したら、航空会社に搭乗を拒否されます。実際にESTA等でも、搭乗できなかったというケースは多々あるようです。

 

たかが申請・承認とたかをくくって、忘れただけだから大丈夫でしょ?と思い、航空会社と頑張って交渉しても、その努力は報いません。航空会社が許可をすることは、絶対にありません。

 

仮に(まずないけれど)許可されて搭乗し、渡航先で飛行機を降りれたとしても、入国審査で引っかかり引き戻されてしまうでしょう。

 

最後のあがき・・・

当日申請漏れを忘れていた!という場合でも、チェックイン前に渡航の承認が下りれば問題ないので、当日もしくは空港にてトライすることも可能です。何も問題なければ、『申請後すぐに承認』となっているので、恐らく問題はないはず!?しかし、「承認までに4日~最長2週間」ともなっているので、当日に申請⇒承認のプロセスが完了するかは賭けでもあります。

 

ETIASの承認があるからといって・・・

ETIASの承認を得ているからといって圏内の入国を保証するものではありません。

あくまでも、最終決断は入国審査官となります。

 

まとめ

ETIAS情報

申請にかかる時間はたったの10分。

承認は申請後すぐ(イレギュラーケースを除く)。

 

面倒臭いなぁ、という思いは拭えませんが、2021年以降にヨーロッパ旅行・訪問予定のある方は、頭の片隅においておいて下さいね。忘れたら、折角の楽しみだった旅行も台無しに!

 

最新情報はhttp://etias-euvisa.com/にて確認下さい。

 

今日もストレスレスな一日になります様に☆