殿姫殿5人家族

殿姫殿5人家族

3児のママのドイツ生活あれこれ日記

ドイツのお誕生日会。寒い冬にはケーゲルがおススメです。

毎年、秋休み中にお誕生日を迎える長男君。

 

暖かい時期なら、お庭でプールパーティとか宝探しとかしながらお誕生日会ができるのですが、お天気も怪しいそして徐々に寒くなる10月くらいからのお誕生日会は何をしようか毎年頭を悩ませます。

 

そして、今年は楽をしようとケーゲルでお祝いをしたんですが、そもそもケーゲルって何?と思い少し調べてみたので、今回は遊び方と一緒に簡単にまとめてみたいと思います。

 

ケーゲルとは

ケーゲルって何

 

ケーゲル(Kegel)とは、ドイツ語で円錐という意味。ピンの形から生まれた言葉らしいです。そして、ケーゲルはボーリングの元祖と言われています。

 

ケーゲルは、とても歴史の長いスポーツで、古代エジプト人も既にケーゲルの様な遊びをしていたとされています。中世には、賭けケーゲルが横行し、喧嘩やアルコールの大量摂取の原因となり、一時期禁止されていました。その為、北米に移民したヨーロッパ人がケーゲルの代わりとなるボーリングを発明したのです。

 

1768年にはケーゲルのルールが設定され、球を投げる時に線から踏み出してはいけないなどの一部のルールは現在も引き継がれています。現在は、ケーゲル協会が今後ケーゲルの後見者がいなくなってしまうと警鐘を鳴らしていますが、余暇やパーティーで楽しむファンは今も多くいる様です。

 

ケーゲルとボーリングの3つの違い 

ピンの数
  • ケーゲル: 9本
  • ボーリング: 10本

 

ピンの並べ方
  • ケーゲル: 菱形
  • ボーリング: 三角形

 

  • ケーゲル: ボールに穴が開いていない。
  • ボーリング: ボールに3つの穴が開いている。


そして、ケーゲルのピンの上部にはなぜか紐がついていて、倒れたピンはこの紐を機械で引き上げて立て直されます。

 

子供達と楽しむケーゲルの遊び方

ケーゲルの遊び方

(恐らくこちらの機械を使うと、ボーリングの様に倒したピン数を自動計算してくれる?)

 

  • グループを構成します。順番に球を投げ、倒したピンの合計数が100になったグループが勝利。でも、ゾロ目(11、22、33、44、55、66、77、88、99)になったらゼロからまたスタート。例えば、これまで倒したピンが50の場合、次に5本のピンを倒すと倒したピンの合計数が55となりゼロに逆戻りです。

 

  • 全員が球を投げます。1番ピンを多く倒した子供がキツネになります。その他の子供は、キツネを追いかける猟師。キツネが2回球を投げます。倒した合計のピン数を、猟師が追いかけます。猟師の子供達は順番に球を投げます。例えば、キツネが5ピンと4ピン倒しました。キツネが倒したピン数の合計は9。猟師が4ピン倒します。次にキツネが1ピン倒します。猟師が7ピン倒します。キツネが倒したピン数の合計は10ピン。猟師が倒したピン数の合計は11ピン。猟師が勝利となり、ゲームオーバーです。

 

これらのゲームをしようと思っていたけれど、前記事でも記載の通り(ご参照:【7歳お誕生日】ボーリングの元祖 ケーゲルでお祝いしました。 - 殿姫殿5人家族)投げて倒すだけで楽しかった様でできませんでした。

 

ボーリングでも応用できますね!

 

ケーゲルバーンを予約する際は

念の為

 

  • 子供のお誕生日会をしても良いか
  • お誕生日ケーキやおやつの持ち込みは可能か否か

 

の確認を!

Kegelbahnはレストランにあるので、流石にジュースや食事類の持ち込みは控えた方が良さそうです。


レストランでお祝いすれば、食事などの準備もいらないし、お家の装飾も必要なし。ドイツのお誕生日会って海賊とかアナと雪の女王とかモットーをテーマに開催されるのが常で、ママは準備に追われお誕生日会の後ほとほと疲れてしまうんですよね。

 

でも、レストランでケーゲル大会だとケーキだけ準備すれば、後はレストランで子供達を見守っていれば良いだけなので少し楽ができますよ~。ボールが少し重たいので、年長さんくらいからならできるんじゃないかと思います。

 

「ドイツのお誕生日会って何歳まで開くんだろう?」

「そろそろ長男君は卒業してくれないかなぁ」

 

と願ってやまない母でした。

 

今日もストレスレスな1日になります様に☆