殿姫殿5人家族

殿姫殿5人家族

3児のママの海外生活あれこれ日記

【海外生活】海外でも簡単にできる。お家で納豆作り♪

お家で納豆を作れると知り、早速見様見真似で作ってみました。

簡単にできるので、皆さんも一度如何ですか?

 

 

納豆作り

準備する物

  • クーラーボックス
  • ペットボトル3-4本
  • 納豆を入れる容器
  • 市販の納豆大2
  • 乾燥大豆 250g
  • アルミホイル (爪楊枝で穴を開けておく)
  • タオル、布巾等

 

作り方

  1. 乾燥大豆を一晩(約8時間)水に浸けておく。2,5倍くらいの大きさになります。*
  2. 指で潰れるくらいになるまで大豆を茹でる。圧力鍋だと圧がかかったら7分弱火。その後は圧が下がるまで待ちます。
  3. 大豆を茹でている間に、ペットボトルに45-50度くらいのお湯を入れ、クーラーボックスを温める。
  4. 茹でた大豆の水を切り、容器に入れ少し冷ます。
  5. 市販の納豆を茹でた大豆に混ぜる。
  6. 容器に穴を開けたアルミを被せる。
  7. 温まったクーラーボックスに容器を入れ、湯気が容器に入らないようにタオル等を被せる。

 

1日寝かせたら完成です。

 

注意事項

数時間毎にペットボトルのお湯を変えて、クーラーボックス内の温度を出来るだけ45-50度に保つようにします。就寝中は変えなくてもある程度の温度が保たれてるので、寝る前に1度ペットボトルを変えておくとわざわざ起きて変える必要はないです。

 

私は特に温度計を使ってクーラーボックス内の温度を測るとかしなかったんですが、納豆菌はうまく発酵してくれそれなりの出来に仕上がりました。

 

豆知識

ナットーキナーゼと納豆菌の違い

納豆独特の粘りを出しているのはナットーキナーゼなんですが、納豆を作るときに納豆菌をふりかけて産生される酵素であり、血液をサラサラにしたりと健康に良いとされています。このナットーキナーゼの成分は50度以上で壊れてしまうようなので、発酵をする時はクーラーボックスの中が50度以上にならないように注意しなければいけません。水分が少ない状態では100度でも壊れないようですが…

 

一方で納豆菌は熱に強いとされ、100度でも生きているようです。腸内環境を改善し、抗菌作用があるため健康促進を図ってくれる効果があるようです。この抗菌作用は乳酸菌より凄く、体内の悪玉菌増加を抑え、高血圧や血栓発生の予防をする効果、またガン抑制の効果も期待されているようです。

 

ナットーキナーゼと納豆菌、どちらも健康に良いって事ですが、違いはというと、ナットーキナーゼは酵素であり、納豆菌は細菌であるという事。

 

一言に納豆と言っても奥が深いですね。

  

グッドタイミングで娘ちゃんが、

 

「納豆〜〜〜!」

 

って言ってきたので早速試食。

 

超偏食娘ちゃんが納豆はいつもならパクパク食べるのに、

 

「嫌や〜!!」
「美味しくなーーーーーい!!」

 

って…(涙)

きっと醤油がダメなんだろうな、と思います。市販の納豆についてるタレって美味しくないですか?

 

次回は市販のタレに近づくタレを作ってみて、娘ちゃんに試食してもらう予定です。

 

今回は初めて作ったので、乾燥大豆の戻し方とか茹で方とか調べずに作ってしまい皮がむけてしまいました。

 

皮がむけた原因を調べると、どうやら水に浸ける時間が長すぎたようです。

 

*大豆の正しい戻し方

まずは、乾燥大豆をしっかり洗いゴミなどを落とす。
そして大豆の4〜5倍ほどの水に一晩浸ける。
すると、大豆は水の水分を吸って約2,5倍の大きさに膨らむ。
浸ける時間は、夏は6〜7時間、冬は10〜12時間が目安。

 

私は一晩を勘違いしてしまい24時間浸けてしまった結果、皮がむけてしまいました。

 

また、浸ける水に小さじ1の塩を入れると皮がむけないらしいです。

 

プチ情報

さらに!!!

圧力鍋の場合は、どうやら一晩つけなくても簡単に皮剥けなしふっくら大豆ができるらしいです!

 

Cpicon 大豆の水煮 いきなり大豆 圧力加熱3分 by マリバ

次回は時間短縮で、こちらを試してみたいと思います。

 

さらにさらに!!

納豆菌が購入できるようなので、次回は市販の納豆ではなく、納豆菌を購入して納豆作りをしてみたいと思います。

 


有機粉末納豆180g納豆菌が腸まで届く口コミ人気の健康食品オーガニック100%有機JASマーク認定(有機栽培国産大豆/有機大豆/大豆イソフラボン・ナットウキナーゼ/妊娠中の食事や離乳食に/納豆粉末/粉末納豆菌/プロバイオティクス)


国産 無添加 無塩 有機乾燥納豆115g生きた納豆菌が腸まで届く!プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方ができるシンバイオティクス。大豆レシチン/プロテイン/サポニン/イソフラボン/タンパク/エクオール

今日もストレスレスな1日になります様に☆