殿姫殿5人家族

殿姫殿5人家族

3児のママの海外生活あれこれ日記

【海外生活】ドイツでの『老後』について考える前に、今を楽しみたい。

在独13年。40歳。

ドイツで暮らすようになって以来、いつも頭の中にあるのは『老後の生活』。

 

時折ネガティブ思考に陥ることのある私は、ドイツでの老後を考えると暗~い気持ちに陥ってしまいます。ドイツ語、ドイツ飯で老後は過ごせない…かといって、日本に帰国したところで今頼りにしている両親はもういない…とか。結論の出ないまま、なんとも言えない気持ちになってしまうのです。

 

とある週末

ドイツでの老後

子供達といつもの様にマルクトに買い物に行き、いつもの様に散歩していると、仲睦まじく、でもどこか寂しそうな老夫婦がいました。

 

おじいさんはベンチに、少し蒼白い顔をしたおばあさんは車椅子に座り、お天気も良かったので2人でのんびりとお話しされていたのでしょう。なんだかその姿が、先が長くはないであろうこの一瞬を過ごしているかの様に私の目には映ったのです。

 

子供がワイワイと遊ぶ姿を横目に、私はその老夫婦の姿を見て「老いる」ということについて、またいつもの様に結論の出ない思いをめぐりにめぐらせていました。そして、旦那さんに「ドイツの老後を考えると心が暗くなる…」と打ち明けました。すると、旦那さんからかけられた言葉に胸を刺されたのです。

 

今この一瞬を楽しもう。

 

その言葉は、

 

Lebe nicht in der Sorge, geniesse den Moment.

不安を抱いて生きるのではなく、今この一瞬を楽しみなさい。

 

みえない将来を気にして不安になっても仕方がない。

いつ事故にあうか分からない。

いつ病気になるかも分からない。

70歳、80歳まで生きられるかなんても分からない。

だから、この目の前にある『今』を楽しもうよ。

 

という意味を込めた一言。

そうだよね。その通り。分かっているよ、分かっているけどできないんだよ~!(涙)。

 

そして、私は「あんたは故郷のドイツで暮らしているから考える必要ないけどね…私は、云々。」と意地汚く続けてしまうのです。

 

70歳を超えた日本の両親もよく「今」を楽しまないとね、と言っています。今は幸い健康で元気に暮らしてくれているけれど、いつ何が起きても不思議ではない年齢になった彼らの言葉にも胸が刺さります。

 

子育てをしていても、7歳の息子と3歳の娘の4年先を重ねて見たり、3歳の娘と2年先の1歳の次男の姿を重ねて見たりして、子供達の成長が嬉しい反面、親離れしていく子供達の姿を想像しては少し切なくなり、今あるこの一瞬・一瞬を楽しみたいな、と思うんです。でも、実際は毎日がいっぱいいっぱいで難しい。

 

ドイツでの老後

ドイツに暮らす日本人の文化背景にあった援助と介護を受けられる様にと活動する公益法人「DeJak -友の会」があります。まさしく、私のようにドイツでの老後はどうなるの?と不安になっている日本人のために活動されているようです。

 

www.dejak-tomonokai.de

 

中国人は先をいっていて、既にドイツに住む中国人が中国人だけの老人ホームの様な物を建て始めたと耳にしました。将来、ドイツに住む日本人が日本人同士で助け合って住んでいける様な場所が出来る事を切に願い、そしてその為には自らが何を出来るのか、考えなくてはと思います。

 

『今を楽しむ』まさしく「言うは易し行うは難し」。

 

それでもやっぱり、老後の事を考えて不安になる前に、いつも笑顔で子供達との今の一瞬一瞬を楽しんでいけたらな、と思うのでした。

 

海外で生活している人に限らず、全ての人にとって老後はつきもの。年老いた時に、「充分人生楽しんだ!」と思える日々を過ごしたいですね。

 

今日もストレスレスな一日になります様に☆

 

聖マルティン祭とは?ザンクト・マルティン(St. Martin)について子供向けの簡単説明♪

ドイツでは10月31日のハロウィンが終わると、11月11日に聖マルティン祭が行われます。

 

10月頃から幼稚園や小学校で提灯を作り始め、みんなで歌の練習をします。そして、マルティン祭の日が近づいてくると、子供達が同じ歌をいつも口ずさむ様になり、冬の到来とクリスマスシーズンの幕開けを感じます。

 

今年も幼稚園と小学校で行われ、ランタンを片手に一緒に歩いてきました。子供達が歌う「Laterne, Laterne, Sonnen, Mond und Sterne...(ラターネ、ラターネ、ゾンネ、モンド ウンドゥ シュテルネ)」と「St. Martin, St. Martin...(ザンクト・マルティン、ザンクト・マルティン)」の歌が今でも頭から離れません。

聖マルティン祭

 

毎年、幼稚園や小学校で行われ、子供達がとても楽しみにしているマルティン祭。子供達は一体どこまで理解して、ランタンを作り、歌を歌っているのだろう?と気になってしまいました。そこで、今回は子供にもこれからきちんと説明できる様にと、ザンクト・マルティンについて調べてみたので、まとめてみたいと思います。

 

ザンクト・マルティンって誰?

316年もしくは317年に当時はローマ帝国の支配地、現在のハンガリーに位置するサバリア(Savaria)という町で生まれました。マルティンの父はローマ将校。兵士になることは自らは望んでいなかったものの、15歳で兵士になり、ローマ帝国の皇帝 コンスタンティヌス1世の護衛官になりました。

 

その約2年後、マルティンは兵士として現在のフランスの北に位置する場所にいました。凍てつく冬の寒い日、数人の兵士と街に出た時、貧しく裸も同然の格好の老人に出くわしました。寒さのせいで震えながら、「寒さから救って下さい。」と兵士達に物乞いをします。兵士達はその乞食の姿を見て、助けようともせず笑い物にします。

 

しかし、マルティンは同情します。が、何もあげるものがありません。そこで、羽織っていた赤いマントと自らの剣を手に取り、自身のマントを半分に切って、片方は自身の肩にかけ、もう片方は乞食にあげたのです。

 

翌晩、マルティンは夢を見ます。マルティンがあげた半分のマントをまとったイエスが現れたのです。神の子であるイエスは、「使徒の一人にした事は、私にした事なのです。」と伝えます。『誰かに何か良い事をすることは、イエスに良い事をするという事。イエスは全ての人間が好きです。特に貧しい人が。なので、貧しい人が助けられると、イエスはとても幸せなのです。』と伝えたのです。つまり、マルティンは前日、乞食を助けたと同時にイエスをも助けたという事。このマルティンの行いこそが今でも讃えられ、助けを必要とする人を助けるという模範となっているのです。

 

夢を見たこの日から、マルティンは神を信じる様になり、洗礼を受けます。また、聖職者になる為に兵士を辞め、1人で沢山お祈りをする様になりました。彼にとって高価な家具や物を所持することは重要ではなく、ただ神とお祈りだけが大切になりました。

 

少しすると、マルティンはフランスに修道院を2軒立てます。そこでマルティンは、自身の様にお祈りをしながらシンプルな生活を好み、物を持つことを必要としない人に沢山出会います。また、悩みを抱えている時にマルティンに助言を求める人も沢山いました。

 

数年後、マルティンが住んでいた街ツール(Tours)で新しい司教が必要となりました。マルティンを敬服する住民は、マルティンが司教になって欲しいと望みます。しかし、マルティンは孤独の中での生活を好み、また自らが良い司教になれるか自信がなく、住民達に見つからない様にガチョウ小屋に隠れます。しかし、檻の中のガチョウはガーガーと大きな鳴き声で泣いてしまい、見つかってしまいます。そして、最終的にマルティンは司教となり、布教活動を行うと同時に、貧しい人や除け者にされた人を助け、様々な偉業を成し遂げたのです。

 

マルティンは397年11月8日、81歳で亡くなります。お葬式は、3日後の11月11日に行われました。彼の死は、フランスの国境を超えて知れ渡り、沢山の人が遠方からもお葬式に駆けつけました。今もなお、お墓に訪れる人は後を絶たないのです。

 

マルティン祭って何? ランタンの起源は?

ザンクト・マルティン

マルティンが亡くなった11月8日ではなく、埋葬された11月11日に聖マルティン祭が行われます。(現在、幼稚園や学校の催しでは11月11日前に行われることがほとんどです。)

 

1800年頃までは、マルティン祭は前日の日暮れに行われました。そして、教会では日暮れに向けて光のお祭りが行われ、宣教師は住民に「協会の光の様に、暗闇の光になりなさい。」と伝えたのです。すると住民達は外へ出て、火を起こし始めました。子供達は、木を集め、大きな焚き火を起こしました。これが現在子供達が持つランタン=光の起源になっているようです。

 

しかし、当時木で作られた家がほとんどだった街や村では、この焚き火はとても危険であり、批判される様になりました。そして1900年代になって、今もなお行われる

 

『手作りの色鮮やかなランタンを片手に行列を作り、本物の馬に乗る赤いマントをまとったザンクト・マルティンに扮した男の後ろを、歌を歌いながら歩いて行く』

 

という形に変わっていったとされています。ランタンを持って歩くという風習は、当初の子供が作る焚き火の代わりとされているようです。

 

歩いて行った先にある広い広場に着くと、寸劇が始まります。寒さに凍える貧しい人が焚き火の前で座っています。そして、ザンクト・マルティンがその人に自分の赤いマントを剣で切って渡し、助けてあげるという寸劇です。

 

寸劇後は、マルティン祭でお馴染みのWeckmanが配られたり、フルーツポンチを飲んだりして体を温めます。

 

子供が1番楽しみにしているGripschen

ザンクト・マルティン

(ヤルヤルーと言って張り切って出かけるわりに、いざ歌う場面になるとうつむき気味にめちゃくちゃ小さな声で歌う長男君。それでも、沢山お菓子を頂きました。)

 

そして、いよいよ子供達が楽しみにしているGripschen。

 

寸劇を見終わったら、お友達と一緒にランタンを持って明かりのついた近所の家やレストラン、お店を訪れます。そして、好きなSt.Martinの歌を大きな声で歌って、お菓子をもらうのです。

 

私達が子供の頃はお菓子などではなく、(健康に良い)みかんやりんごが主だった様ですが、最近はチョコレートやハリボーなどのグミ、あめちゃんがほとんどで、子供達が首を長くしてマルティン祭を待ちわびるわけです。

 

地域によっては、聖マルティン祭の後だと夜遅くなってしまうので、別の日にGripschenを行う所もあります。今年は、我が家の住む街も別の日に設けられていて、先週はザンクト・マルティンの行事が盛りだくさんでした。

 

「聖マルティン祭って何?」と疑問に思っている方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

 

最後に

聖マルティン祭が終われば、いよいよクリスマス。

 

日本では12月は師走と言われますが、ドイツでは11月からすでにいろんな準備に追われます。12月1日から始まるアドベンツカレンダーの準備から始まり、アドベンツクランツ、12月6日の聖ニコラウスの日のプレゼント、そしてクリスマスのプレゼントの準備などなど。クリスマスを終えたら、ふっと心が軽くなって「今年もやり遂げた~!」と達成感を感じる私。

 

これから暗くなるのも早くなり、ますます寒くなりますが、風邪を引きませんように。そして、今日もストレスレスな一日になります様に☆

ドイツのお誕生日会。寒い冬にはケーゲルがおススメです。

毎年、秋休み中にお誕生日を迎える長男君。

 

暖かい時期なら、お庭でプールパーティとか宝探しとかしながらお誕生日会ができるのですが、お天気も怪しいそして徐々に寒くなる10月くらいからのお誕生日会は何をしようか毎年頭を悩ませます。

 

そして、今年は楽をしようとケーゲルでお祝いをしたんですが、そもそもケーゲルって何?と思い少し調べてみたので、今回は遊び方と一緒に簡単にまとめてみたいと思います。

 

ケーゲルとは

ケーゲルって何

 

ケーゲル(Kegel)とは、ドイツ語で円錐という意味。ピンの形から生まれた言葉らしいです。そして、ケーゲルはボーリングの元祖と言われています。

 

ケーゲルは、とても歴史の長いスポーツで、古代エジプト人も既にケーゲルの様な遊びをしていたとされています。中世には、賭けケーゲルが横行し、喧嘩やアルコールの大量摂取の原因となり、一時期禁止されていました。その為、北米に移民したヨーロッパ人がケーゲルの代わりとなるボーリングを発明したのです。

 

1768年にはケーゲルのルールが設定され、球を投げる時に線から踏み出してはいけないなどの一部のルールは現在も引き継がれています。現在は、ケーゲル協会が今後ケーゲルの後見者がいなくなってしまうと警鐘を鳴らしていますが、余暇やパーティーで楽しむファンは今も多くいる様です。

 

ケーゲルとボーリングの3つの違い 

ピンの数
  • ケーゲル: 9本
  • ボーリング: 10本

 

ピンの並べ方
  • ケーゲル: 菱形
  • ボーリング: 三角形

 

  • ケーゲル: ボールに穴が開いていない。
  • ボーリング: ボールに3つの穴が開いている。


そして、ケーゲルのピンの上部にはなぜか紐がついていて、倒れたピンはこの紐を機械で引き上げて立て直されます。

 

子供達と楽しむケーゲルの遊び方

ケーゲルの遊び方

(恐らくこちらの機械を使うと、ボーリングの様に倒したピン数を自動計算してくれる?)

 

  • グループを構成します。順番に球を投げ、倒したピンの合計数が100になったグループが勝利。でも、ゾロ目(11、22、33、44、55、66、77、88、99)になったらゼロからまたスタート。例えば、これまで倒したピンが50の場合、次に5本のピンを倒すと倒したピンの合計数が55となりゼロに逆戻りです。

 

  • 全員が球を投げます。1番ピンを多く倒した子供がキツネになります。その他の子供は、キツネを追いかける猟師。キツネが2回球を投げます。倒した合計のピン数を、猟師が追いかけます。猟師の子供達は順番に球を投げます。例えば、キツネが5ピンと4ピン倒しました。キツネが倒したピン数の合計は9。猟師が4ピン倒します。次にキツネが1ピン倒します。猟師が7ピン倒します。キツネが倒したピン数の合計は10ピン。猟師が倒したピン数の合計は11ピン。猟師が勝利となり、ゲームオーバーです。

 

これらのゲームをしようと思っていたけれど、前記事でも記載の通り(ご参照:【7歳お誕生日】ボーリングの元祖 ケーゲルでお祝いしました。 - 殿姫殿5人家族)投げて倒すだけで楽しかった様でできませんでした。

 

ボーリングでも応用できますね!

 

ケーゲルバーンを予約する際は

念の為

 

  • 子供のお誕生日会をしても良いか
  • お誕生日ケーキやおやつの持ち込みは可能か否か

 

の確認を!

Kegelbahnはレストランにあるので、流石にジュースや食事類の持ち込みは控えた方が良さそうです。


レストランでお祝いすれば、食事などの準備もいらないし、お家の装飾も必要なし。ドイツのお誕生日会って海賊とかアナと雪の女王とかモットーをテーマに開催されるのが常で、ママは準備に追われお誕生日会の後ほとほと疲れてしまうんですよね。

 

でも、レストランでケーゲル大会だとケーキだけ準備すれば、後はレストランで子供達を見守っていれば良いだけなので少し楽ができますよ~。ボールが少し重たいので、年長さんくらいからならできるんじゃないかと思います。

 

「ドイツのお誕生日会って何歳まで開くんだろう?」

「そろそろ長男君は卒業してくれないかなぁ」

 

と願ってやまない母でした。

 

今日もストレスレスな1日になります様に☆

【お菓子レシピ】チョコレートなし。混ぜるだけの簡単ブラウニー♪

7歳になった長男君。

 

「お誕生日のケーキは何が良い?」って聞くと、「ママのお誕生日の時に食べたレモンケーキ(手作りではなく購入)♪」と言うので、お誕生日ケーキは地元ではちょっと有名なケーキ屋さんで購入予定だった私。

チョコレートなし簡単ブラウニー

 

お誕生日の前夜、何を思ったのか旦那さんが「お誕生日には母親がケーキを作って朝からお祝いするのが(子供からの)我が家の伝統だー!」なんて言い出したのです。伝統?母親が作る?朝から?そんな伝統は寝耳に水だった私は、「本人が買ったケーキが良いって言ってるんだからそれで良いのに~‼️」と思いながら、なんとなくそんな風に言われると作らざるおえず、渋々夜なべしてすぐにできる、しかも前々から長男君が「食べたーい!」と言っていたブラウニーを作ってみることにしました。

 

そこで今回は、子供達にも大評判のブラウニーレシピをご紹介♪

 

チョコレートなし。混ぜるだけの簡単ブラウニーレシピ

チョコレートなし簡単ブラウニー

 (もちろん、グミ7個とスマーティの飾り付け)

参考にしたレシピ

cookpad.com

 

材料

  • バター     225g
  • 砂糖     400g
  • ココアパウダー     50g
  • たまご     4個
  • 小麦粉     150g
  • (ベーキングパウダー     小2)

 

作り方

1. バターを常温で柔らかくします。

2. 砂糖とココアパウダーを加えて混ぜます。

3. たまごを1つずつ混ぜます。

4. 小麦粉(とベーキングパウダー)を3回くらいに分けて混ぜます。

チョコレートなし簡単ブラウニー

 

5. 175度で25~40分焼いたら出来上がり♪

チョコレートなし簡単ブラウニー

備考

  • ベーキングパウダーはお好みで。今回はお誕生日ケーキだったので、少し嵩を高くしたくてベーキングパウダーを加えてみました。
  • ココアの量は、参考レシピより少し少なめにしましたが充分でした。
  • 焼き時間は、オーブンによって変わってきます。参考レシピでは180度で20分→160度で10分と書いてあったり、175度で20分と書いてあったり。私は、嵩が高かったので25分焼いてから焦げないようにアルミホイルをかぶせて15分、計40分焼きました。

 

子供達の反応

「美味しい~‼️‼️」と言って、手が止まらない勢いで食べていました。それもそのはず、砂糖の量が尋常じゃない!材料から見て取れるように、「これはやばいでしょ~!」と思ってしまうほどの砂糖の量です。そりゃぁ、美味しいはず!それでもやっぱり美味しくて、私も虜になってしまいそうでした。

 

朝からお祝いなんて、当然平日だとできないわけで、

 

「娘ちゃんの3歳のお誕生日の時はそんな伝統だなんて言ってなかったでしょう~。」

「次男君がいてまだまだややこしいから、手作りケーキを焼かず、少しでも楽できたら嬉しいのよ~。(どうせお友達とのお誕生日会では手作りケーキを焼くのに)。」

 

と少し文句を言ってみると、旦那さんも秋休みだったこともあり、張り切って色々としてあげたかった様です。いや、その気持ちは分かるけど、子供の寝かせつけを終えてケーキを焼く私の立場も考えてよね~。と思ってしまう1日でした。

 

何はともあれ、お誕生日の主役である長男君も「美味しい~!美味しい~!」と言って喜んで食べてくれていたので、終わり良ければ全て良し(ende gut, alles gut.)。

 

ダイエットには大敵ブラウニーですが、簡単にできるので是非一度作ってみて下さい♪

 

今日もストレスレスな1日になります様に☆

【7歳お誕生日】ボーリングの元祖 ケーゲルでお祝いしました。

お誕生日続きの我が家。先日、長男君が7歳のお誕生日を迎えました。

 

お天気が悪くなる10月。毎年どのようにお誕生日会を開催しようか頭を悩ませるんですが、今年は近くのドイツレストランにケーゲルバーン(Kegelbahn)がある事を思いつき、そこでお祝いをする事に決まりました。

 

いつも秋休みにお誕生日を迎えてしまう長男君。休暇で旅行に出かける家族も多くて日程の調節も難しく、そして小学校に仲の良いお友達があまりいないのか、集まったお友達は幼稚園の頃のお友達ばかり。ほとんどみんな違う小学校に通っている為、若干同窓会のようになっていました。1年ぶりに会うお友達もいたけれど、子供達は幼稚園時代と変わらず、ワイワイ騒いで走り回っていました。

 

まずはお家でドイツではお馴染みのチョコレートケーキに溶かしたチョコレートをかけ、そして自分でスマーティ(M&M)のチョコレートを飾り付けたお誕生日ケーキで「おめでとう〜!」

f:id:maeuschen:20181030004151j:plain

(風船も自分で7個作って飾り付け。)

 

その後、お家で走り回り、警察官ごっこやらを始めた5人の男子。すぐにレストランへ移動の時間となりホッとしました。あのままお家でパーティだったら家の中がえらい事になっていた…(笑)

 

ケーゲルには遊び方がたくさんあるというので、その遊び方を色々とプリントアウトして持っていったのに、出番などはなく、ひたすら順番で投げ続けていた5人男子。投げてピンを倒す、というだけで2時間過ごしました(笑)。7歳児にはルールなど関係なしに、お菓子を食べながらボールを投げることだけで楽しかったようです。

f:id:maeuschen:20181030004307j:plain

 

 

その後は、レストランで夕食。頼んだのは、定番Schnitzel(ドイツの豚カツ)、チキンナゲットともちろんフライドポテト。お誕生日という事で、ちょっとキラキラに演出してくれていました。

f:id:maeuschen:20181030004227j:plain

 

 

最近は1歳の次男君を見ながら、長男君も1歳の時はこんなんだったなー、あんなんだったなーという思い出に耽る事が多いです。週末は一人で朝食のパンを買いに行ってくれたり、公園に一人で行ったり、一人でも少しずつ行動ができるようになってきた長男君。親から離れ、少しずつ一人歩きをする彼の成長が嬉しくもあり、なんだか寂しくもあり。

 

甘えられると「もう7歳なんだから~!」なんて時折ちょっと鬱陶しく感じてしまう反面、今はまだ「お買い物行くよ~。」「お散歩行くよ~。」と言うと喜んで付いてくる長男君が、後2、3年もするとどこにも付いて来なくなるのかなぁ、と思うとやっぱり切なくなってしまったり。本当に勝手な母心ですね。

 

長男君、最近は『あー言えばこー言う』なプチ反抗期に突入してしまったみたいだけど、いつまでも「ママの事好き~♡」と言ってくれる素直な男子に育ってね♪

 

今日もストレスレスな1日になります様に☆